個別指導のデメリット

ライバルを探すのが難しい

勉強をするのも優秀な学校に進学するのも自分のためになるでしょう。ただ子供の中には自分のためと認識して勉強できない子もいて、別の目標を持たせて勉強をさせるときもあります。集団塾であれば周りに同じような学力の子供がいて、ライバル関係を築けば自然に学力がアップできるメリットがあるでしょう。逆に個別指導塾は集団指導塾のようなクラスがないためライバルを探すのが難しく、ライバル心での学力アップは期待できません。ただ中学生や高校生の中には勉強を自分のために行うものと認識できる子もいて、その子たちであれば必ずしもライバル心を持たせる必要はありません。となるとその子たちの学力に合わせて教えてもらいやすい個別指導塾の方があっていると言えそうです。

授業のスピードは生徒次第

私立中学や難易度の高い高校や大学への進学をしようと思うと他の生徒以上の勉強が必要になります。塾に行かせると自分で勉強するよりも高度な内容の勉強ができ、合格できる可能性も高まるでしょう。進学をメインにした集団塾では高度な内容の授業を講師のペースで行うため、それについていければ生徒の学力はどんどんアップします。一方個別指導塾は生徒の学力に合わせて講師が指導をしていくので、集団塾に比べると学力アップしにくいのがデメリットでしょう。ただスピードが早すぎてついていけなければ意味がなく、のんびりした性格であれば個別指導塾の方が学力アップしやすいときもあります。また自己学習力が既にあるときも個別指導塾で十分学力アップが期待できるでしょう。