集団指導の授業のメリット

他の生徒と切磋琢磨できる

集団指導の授業では、文字通り多くの生徒と授業を受けることからこの人には負けないぞ、というように切磋琢磨できるメリットがあります。一人では中々やる気を出せないような生徒でも、集団授業であれば周りに遅れまいと自然とやる気が出て勉強に集中するようになるかもしれません。そこまで規模の大きくない学習塾の場合は、生徒のレベルに関係なく授業が行われるケースが多く反対に通っている生徒が多い塾の場合は、レベルや志望校別に生徒がグループ分けされることがあります。このような、生徒を分けて指導することをおかしく感じている親御さんも多いと言われてはいますが、いつかはもっと上のグループに行きたい、とモチベーションを上げる生徒が多いのも事実です。

指導力のあるプロの講師の授業を受けられる

個別指導塾の場合、講師が大学生であるケースが少なくありません。私が講師としてアルバイトをしていた個別指導塾でも、ほとんどが大学生でした。そのため、プロの講師ではなくどうしても生徒と雑談をして授業が進まないということも多かったです。しかし、集団指導の塾であれば研修を受けて集団指導の力があると認定されたプロの講師が担当するため、雑談はあるかもしれませんが生徒に理解させる授業に集中してくれます。プロの講師であることから、これまで集団指導の経験を豊富に持った人が多く生徒からどのような質問があるか、どこが分からないのかを把握する力に長けているのです。志望校の情報を持っているなど、生徒だけでなくその両親にも頼りになる存在です。